So-net無料ブログ作成

教材勧誘がキターーーーーーッ(^∀^)ノ [個人的なこと]

母曰く、私がいない時間に、

「中学校から来ました~/セールスではありませ~ん/模試のお知らせで~す/年に一回きりのテストで2900円のみで~す」

というのが来たそうな。おお、まさしく教材勧誘以外の何物でもない!! 私は結構こういうものの手口を聞くのが好きなので(笑)現場に居合わせなかったことを少々残念に思ったら、

母曰く『7時過ぎないと帰ってきませんといって、追い返したよ』…

 

…で、次の日の8時過ぎに来ました

私も今までに幾つか仕事をしてきました。営業も経験があります。ゆえに“断る前提で話は聞く。終わったら『頑張ってくださいね』と声をかける”くらいはしてしまいます

それは小柄な女性でした。どっさり資料を持ってきて、怪しい者ではないことをしきりにアピールします。子供の名前を聞き出すや、盛んに「○○く~ん、ちょっとこっちに来てくれないかなぁ~/ねぇ~一緒に話を聞いて~」と、玄関から呼びかけます。私が、「うちの子は興味ないので…と遮っても止めません。そのうち、息子も何が起こっているのかとふら~っと見に来ます。と、すかさず、

「……ね、判りやすいでしょう?○○君が苦手なところとか、“教科書の何ページを確認しよう”って、出て来るんだよ」

「こんな風に出る傾向と出ない傾向が判っていたら、○○君だったらどっちを重点的に勉強しようと思う?」

   『…出るほう』

「そうだよね~、その方が効率いいよね~。どう? ○○君の今の実力を知ってみたいと思わない?こんなことができるテスト、受けてみたいと思わない?」

   『…はぁ…』 ←息子は私に似てクイズ好き(クイズの延長?)

   

などと、相手から YES を引き出す営業の基本をしっかり守ったトークを畳み掛けます。うーむ若いのにたいしたものだ

個人成績表作成料、問題用紙5教科、解答用紙5教科、性格・相性診断料(星座占いみたいなもんですね)、返信用封筒1通、高校コード表(受験志望高校の番号表)、しめて2900円

ちょっと高いなぁとは思いましたが、この女性の人件費込みだと考えるとこういうものか…まぁ、営業は大変だからなぁ

と、仏心を出して2900円のみの付き合いをすることにしました

申込書にサインして、2900円也を支払い、「北九州市の英語はホライズンだから、このページをやってね…理科と社会は好きなところ2つ選んでね…」などと言いながら彼女は赤いボールペンでテスト用紙に印をつけました

「他に、気になることがあったら聞いてください。あとで担当のものがお伝えしますので」と、“内申書のつられけ方”“どうやって勉強したらいいのかわからない”などといった不安要素を書き並べたシートを取り出しました。そりゃあ、ほとんど判らないことだらけですので、必然的に“気になること”も増えてくるわけですが、当然2900円だから電話でのサービスだと思いますよね?

ところがです!! 彼女は終わり際に「…担当の者が持ってきたときに、テーブルをご用意くださいね、その時は○○君と一緒に説明を聞いて…」と、言い始めたのです!!!

   おお、これが手口なのか(^O^)ノ

私は間髪逃さずに『だめです。来ないでください。郵送してください。私は2900円でのサービスに見合った商品として契約したのだから、それ以上のものはいりません』

彼女は少々オロオロしながら「あ、あの~私がテーブルと言ったからですか? この玄関口でもいいのですが…」

『とにかくウチには来ないでください。郵送してください』

「では、他の場所を用意しましょうか…」

『説明を聞くために出向くつもりはさらさらありません。なんでしたら、この契約はなかったことにしてもらってもいいですが』

「じゃぁ…担当の者と相談してください…」

…そりゃこう言うしかないだろなぁ~自分で“商品”に赤丸記入してますし、契約取るのって大変ですからね…

彼女は私の急変振りに驚きつつもしっかりと理由を確認しようとしていました「私が何て言ったからですか?“テーブルを用意してください”と言ったからですか?」と、なんとかキーワードを探り出そうとしていました。今後のトークを変える研修があるのかもしれません

とりあえず『私は似たような会社にいたことがあるので』と言って、来ないように念を押しました…部屋に戻ったら、50分経過してました(笑)

以前の会社でクレジット契約書を扱う課にいましたが、そのときの知識で、向こうからきた“訪問販売”にはクーリングオフが有効なのですが、こちらから「来てください」と言って来させた場合は原則クーリングオフは使えないのです(契約書の表紙に書かれているのをこの目で見ましたが、もし、この3年の間に変わっていたらすみませんm(__)m)

そしてこういう場合、一回で契約させるテンションの“担当”が来るはずです。“いらっしゃるから”と、部屋を掃除している場合ではありません!!

しかも“子供と一緒に聞け”とは、よく考えた手口ですね~

話術と心理作戦に負けないよう、ニュースはチェックしないといけません(笑)

 

さて、返送する答案用紙の裏にアンケートが…その最後にはしっかりと「訪問希望日欄」が…『訪問は希望しません。郵送してください』と、書きましたが、どういう次の手がくるか?(^_^;;)なんか性格ねじれてるかも…(笑)

 

 


nice!(1)  コメント(2) 

nice! 1

コメント 2

HOKUTEN

そうそう、こう言うので一度深く聞いてみようと思って付き合った事があります。もちろん断るのが前提で。
なので注意深く聞いていて、あるトークで「カチン」と当たるものがあったんですよ。思い出せないんですが、そこが気になって畳み掛けたら契約時に必要な確認事項だった事がありました。
本当に・・・。。。(-。-;)
上手いトークだった・・・。
それ以来、当然門前払いです・・・。
by HOKUTEN (2006-09-26 00:10) 

はるまきママ

この手のものは大抵インターフォン越しに「結構です」のひと言で断っちゃうんですが、じっくり手口を聞いてみるのも面白そうですねぇ。(笑)
勉強になりました!^^
by はるまきママ (2006-09-26 12:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。