So-net無料ブログ作成
検索選択
近場の旅先 ブログトップ
前の10件 | -

天神地下街・30周年 [近場の旅先]

     スクランブル交差点!

     

昔、新宿広小路の交差点を「青だから渡ろう~」と、歩いていたら半分も行かないうちに黄色が点滅!

以降、「ここ(新宿広小路)は“最初から青信号”という状態でしか渡らない方がいい」ということを学習しました

これは岩田屋天神の連絡通路からの眺めですが、こんなに幅の狭いスクランブル交差点があるとは…新宿や渋谷だったら縦横3倍はあるな…とちょっとビックリした次第です

 

せっかく天神まで出たので久しぶりに地下街に行ってみました

    

九州初の地下街ができて、今年で30年になるそうです

※この30年の間に、「九州で2番目の地下街誕生!」という話は聞いた記憶がありません(笑;)

 

東京の地下街に比べるとかなり照明は暗いです

店内の明かりで商品を際立たせる、という狙いがあったようにも聞きますが、天井裏の配管を目立たなくさせる、という意味の方が強いかもしれません(笑)

   

地上の明かりが差し込む場所もありますので、それほど深くは無いようです(左端奥の店はtoto

さて、インフォメーションです

    

人間は一人だけで、あとは検索機が置いてありました

そういえばこの地下街が完成した頃の話ですが、当時は物珍しいのでどっと客が押し寄せたそうです

そして一番多く聞かれたのは

   「ここ、どこですか?」

そして案内係はにこやかに

   「○○交差点の真下でございます」

と、答えたとか…地下に潜るので方向感覚がわからなくなってしまった人が続出だったらしいです

ちなみにここは天神交差点の真下だそうです(係りの方に確認しました(笑;)

いまではこのそばから天神七隈線が伸びています

ここで個人的に気になるポスター発見!

       

  こ、これは…!!

   

私の友人(右)の母親、Nanaさん(左)ではあるまいか?!(この写真暗いですが)

…と思ったくらいですが、“そういう話”は彼女から聞かないので、「他人の空似」ですね

   ん? 何のポスターだったっけ(笑!)

 

   

 

  

 

  

 

 

 

 


博多で「ナポレオン展」開催中 [近場の旅先]

ナポレオンにまつわる、色々なものが展示されています

  入り口に、ナポレオンの家系図が置かれてありました

絵画にはナポレオンの親族を描いたものがあり、どういう関係にあたるかを示すためです

 
ウチの小僧が、 ゴッソリ 20枚 持って帰りました

  

      どうしろっちゅうねんっ(笑;) 

せっかく博多に来たので、キャナルシティまで足を伸ばし、「有頂天ホテル」を見ました

初日だったこともあり、8割方は埋まっていました(440席中)

前回 「笑いの大学」 を見たときは終わりの頃だったので客も少なく、ちょっと寂しかったですが、

今回は 「多勢で笑う」 ということができたので、余計に楽しかったです(^^)v

  

    それにしても博多は元気だ!!


キャナルシティはよく、中継でも使われる場所です

そういえば 「有頂天ホテル」の終盤、ホールで演奏する各バンドマンの前に置いてある

テーブル”(←? ジャズなどで、楽譜を置いているボックスみたいなもの)に、

     
   “TNC” と書かれていたように見えましたが…フジテレビ…なにか関係あるのでしょうか

            ↑
      ひとつひとつがテレビです

一面の壁に24台のテレビを設置した部屋が、ビル・ゲイツん家にあるそうですが

  こんな感じなのかなぁ…と、キャナルでここを通る度に想像してしまいます












階段を登るとホームが3つある 博多駅 [近場の旅先]

ふつー、駅のホームへ辿り着きますと、通常は
   ・「上りのみ」
   ・「下りのみ」 
   ・「上り」と「下り」
となるはずですが、なんと博多駅には
   ・「2番線」と「3番線」と「4番線」
が存在します





手前の黄色い横線から向こうが「3番線」、手前が「2番線」です
(ハリーポッターの9と1/4番線かい(笑)





で、この行列は「2番線」に到着する電車を待っている人たちです
(奥が「3番線」)



う~む、日本のダイヤは複雑です

そして帰路についたとき、こんな車内広告を発見


「七五三は最寄りの神社、 6X5X4は福岡競艇。」

三連単の組み合わせは120通りあるそうです

日刊スポーツ杯11月29日から…って、七五三の時期はとっくに終わっていますから~っ!
   ざんね~んっ!!(…↑な結果が多いのさぁ(笑)

そうそう、クリスマスツリーのために取り外された間垣部屋の旗、
さりげなく商店街の入り口に集められていました

九州場所、終わったんだけどなぁ…(笑)


今年最後のJ2戦 福岡 対 仙台 [近場の旅先]

30分前に会場に着きましたが、アビスパサポーターにより自由席は満席
ホーム側のゴール裏は太陽でまぶしい為、
今回はアウェイ側に席を取りました

J2 ぶっちぎりで1位の京都 対 4位甲府戦が同時刻で行われていました

         空気読め

このまま3位で終われば、J1最下位の柏と、入れ替え戦に望むことができるとあって、
仙台サポーターは結構集まっていました
 (2~300人くらいはいたかもしれません)

なにしろ片方の相手は、ぶっちぎり1位の京都です
仙台は、なんとか同点に持ち込めば逃げ切れる可能性がありました

ところが

         GOAL !

やはりスポーツ選手は負けん気が強いのであります
      空気読めません(笑)

しかし、その後仙台も巻き返し、同点に追いついたのでありました
なのになんと、ぶっちぎり1位の京都が、2―1で負けてしまったではありませんか(゜o゜)

携帯で他試合の状況を確認していた仙台サポーターに悲鳴が上がりました

もう勝つしかない! アビスパよ、空気読んでくれ~っ! 審判!どこ見てるんだぁっ!!
仙台サポーターは必死に応援を続けました

      ♪○○ゴール~、ゴーゴー、ゴーゴー

むむ?これは橋幸夫の「メキシカン・ロック」の替え歌だ(笑)

…アビスパも復帰に5年かかりました
あのヴェルディがJ2に降格です
仙台も、きっと「その日」が来るに違いありません
 ※今日は結構アビスパのゴールを攻めていました

それにしても…ここ(博多の森)に宮本や大黒や中澤や楢崎が来るんだぁ…と思うと、
やっぱ嬉しいです(^。^)ノ
   収容人数約22,500人…J1で、こんなもんでいいのかな?


        フィールドへは降りないようにしよう

警備は大丈夫だろうか(笑)

博多で少々時間を潰したので、帰り着いたら夜8時
黒崎駅前のささやかなイルミネーションです







小倉北口での注意書き [近場の旅先]

関東電車では、
「ドアに挟まれないよう、注意しましょう」
関西では
「指詰め注意」

関東の駅のポスターでは、
「痴漢行為は犯罪です」
関西では
「痴漢はあかん」

等々、関東と関西の言葉の違いには興味深いものがあります
関西芸人さんの巧みな話術で、全国津々浦々、
しゃべれなくても意味がわかる関西語、と言った感があります

さて、チャリンコ、即ち自転車のことを「チャリ」と言いますが、
福岡では 「~してちょうだい」という意味で
「~しちゃり(ぃ)」と言います


そういうわけで「押しちゃり」「降りちゃり」となるのですが、
自転車で来る様な状態ですと、ちょっと見えにくいように思います
せっかくですから、F1とか、サッカーの芝にペイントしているような、
ぎゅわ~んと婉曲した図形で描いてもらいたいですね(笑)

ちなみに小倉北口には、ラフォーレ原宿・小倉店があります(~_~;)

 ※黒崎はだんだん巣鴨の様相を呈してきております(笑)


アビスパvsヴァンフォーレ [近場の旅先]

って何? と思われる方がほとんどでしょう (^_^;)
サッカーJ2です
Jリーグ開幕当初、アビスパはJ1だったのですがその後降格
去年は3位となり、柏レイソルとの対決で昇格を目指す所までいったのですが、
やはりJ1は強かった…!
しかし今年は現在2位なので、このままいけばJ1昇格が実現するかもしれません

そうなったら、この電光掲示板液晶にしてもらいたいなぁ(笑)

今回私、初めて頭上に巨大フラッグが、後方から現れました

ホント、何も見えないです(笑)が、妙に一体感が出ます

ヴァンフォーレ応援団

アウェイの宿命です(笑)

アビスパ応援団

フェンスにポールを固定し、つかまりながら指揮しています(5人いました)
ピッチ内に入らないよう、関係者と警備員が見張っています
テレビで、阪神の応援団は、
「観客に向かって応援を指揮せなあかんから、自分らは試合を見られんのやぁ」
と言っていましたがアビスパは


       観ます(笑)

アビスパが『ゴールに攻めていくとき』、
  “dondon(太鼓) おいさ!dondon おいさ!”
という掛け声になります
これと似たリズム、音程で
  “dondon 来い!dondon 来い!”
と言っていたのはマリノスだったかな?
しかしこれは『攻められているとき』で、相手に対して「来れるもんならやってみろぃ!」
という感じで使っていました
ちなみに「おいさ」は山笠の掛け声です

試合は2-2の引き分けでした


スタジアムに蔦が絡まりつつあります
甲子園球場のようになることを目指しているのか、
取り払って整備する経費が無いのか、
それは不明…(笑)
  福岡空港から徒歩25分しょっちゅう飛行機が見える場所にあります


「親子200人による 新北九州空港開港200日前クルージング」に参加しました [近場の旅先]

来年3月に開港予定の新しい空港は、沖合い3キロの場所にあり、騒音問題ゼロ
24時間営業が可能ということです


        誘導灯です


        ターミナルです


        “アスファルト工場”らしいです
アスファルトは冷めたら使い物にならないので“海上”だけで3キロも運ぶよりは経済的、
ということだそうです

おっ レインボーブリッジ! だったらいいなぁ… (笑)

午後からはかなり日差しが強くなりました

大部分の参加者は外に出て、景色を楽しんでいました


この船に乗りました


集合場所の 「海峡ドラマシップ」5階の展望台にあるレストランの窓です

新空港は北九州市に隣接する苅田(かんだ/400年祭で、参加してくれた大きな山笠の!)
と、分割して管理されるようです
 お台場も、フジテレビは港区だけど船の科学館は品川区、ビッグサイトは江東区、
 とまぁ、結構分かれていますね
   ※全てのキー局が「港区にある」 ゆえにフジテレビのあるあのあたりは、
    「港区でなければならない」! らしい…?! 
苅田には現在日産九州工場があります
トヨタも来るそうです
旅行客」だけだとかなり頼りない計画だと思いますが、輸送の面で成功してくれたら…!
と、願うばかりです (^_^;)


ぶー助に再会しました! [近場の旅先]


おおっ!ぶー助じゃないか!!
嬉しいなぁ、会いたかったよ~っ!
ご主人さまの、たー助さんはお元気ですか?


ええっ?! ぶー助、まだ赤ちゃんだったのかい??!
…確か“結婚した”って言ってなかったっけ…(笑)

場所は北九州市小倉のリバーウォーク、ガンプラやらSWやら玩具系を売っている
雑貨屋さんです(3F/GAPの真上あたりにある店でした)


…吹き抜けのホールというか、凹面な「デススター」というか…!?
        


岩国航空ショーは凄かった `(^O^)ノ [近場の旅先]

いつもテレビで見るだけなので、一度は思い切って行ってみようとバスツアーに参加しました
とにかく人、人、人、人、人、人、人でいっぱい!

日陰を求めて翼の下に陣取る、手馴れたグループもいました

米軍輸送機のコックピットで機長さん(なのかな?)とウチの小僧を記念撮影

サンバイザーの部分だけ外の景色が映るという、予期せぬ画像になりました

床中、ローラーだらけでした
いろいろと効率よく仕事できるようになっているんですね~と、感心することしきり


なんと、のどかな絵でありましょう

出雲大社、近いのかな? (笑)

F16の爆音には滅茶苦茶驚きました
「おおぉ!ニュースで見るのと同じや!トップガンやトップガンや!!」
と、興奮しながら見上げる私を尻目に、ウチの小僧はジェット機が通り過ぎる度に、
「うるさーい!」と、耳を塞ぐのでありました
  ・・・かわいくありません・・・(-_-;)
しかし一番人気はなんといってもブルーインパルス!
タダでさえいっぱいいると思っていたのに、さらにぞろぞろと後方から観客が前に詰めてきました
脚立とカメラを持った男供が、さらにさらに現れて、ブルーインパルスの妙技をおさめていました
しかし、「空」がキャンバのようなものですから、腕もカメラもよくないと、
難しい被写体のように思いました
 で、ブルーインパルス・・・かっこよかったですっっっっ!
 また見に行きたいです
家に帰り着いてから、もらったパンフレットをよくよく見てみると、なななんと!
あるパイロットの出身校が、私の卒業した高校ではありませんか!
私の後輩に、こんな凄い仕事をしている者がいるなんて
 ※かなり「間」のある後輩ではありますが (笑)

というわけで、ブルーインパルスにも興味を強くするきっかけとなったバスツアーでした


今日も Mail が届かない… [近場の旅先]


ここにいては永久に届かないと思われます (^_^;)
ここは福岡空港近くの、駐車場です
旅行者相手に 「○泊○日」 単位で駐車させる所が沢山ありました
こういう場所をさらに進むと博多の森球技場があります
本日は、「福岡アビスパvs横浜FC」を観戦しました
昨年度は柏レイソルに敗れて、J1 昇格を逃しましたが、
今年こそ!と、選手もファンも燃えています

福岡市城南区が、こういう意味だったとは…(笑)
さて、地下鉄を使うと「昼間にアビスパ」を応援して、
その後「ホークスのナイター」に行く、ということも可能です
なんと効率のいい!
ところで、以前アビスパは実は、J1だったんですよ
…その後いろんなチームができましたので…(~_~;)
むむっ 今年は返り咲けるかも!
   とまぁ、「博多」の街はとても元気です
   「北九州」も、なにか“元気”になるきっかけがあればよいのですが…
    


前の10件 | - 近場の旅先 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。